2021年5月27日木曜日

【現職教員研修部門】について

【現職教員研修部門】

令和2年度に試行的に実施した「ブレンディッド・ラーニングによる履修証明プログラム」を引き続き実施いたします。

ブレンディッドラーニングとは、オンデマンド・オンライン・対面を組み合わせた講義形式で、時間的拘束を最大限配慮しながら、研修効果を高める手法です。昨年度は、オンデマンド2時限、オンライン1時限、対面2時限の組み合わせを基本として実施し、効果的な研修形態を模索してきました。

本年度は、更にハイフレックス(HyFlex:Hybrid-Flexible)形式+「出前研修」の体制も取り入れて更に講座内容のラインナップを充実させていく予定です。(「オンデマンド」「オンライン」「学内での集合・対面形式(選択性)」に「現地への講師の出張」を加える等)。

また、東牟婁・西牟婁地方等遠方のために「対面形式」での受講が困難な場合、もしくはコロナ対応で研修会等への参加が制限されている場合などは、対面時にオンライン配信を組み合わせて実施します。更に、当日の講座を収録しておき、オンデマンドでも視聴できるようにしておくなども考えられます。

「出前研修」については、研修効果を高めるために、学校を訪問する以前に事前に講義パートは学習しておいていただいている前提で対面ならではの研修部分(ワークショップ部分、実技演習等)を校内で実施するものです。もしくは、ブレンディッド・ラーニングを受講した各校の管理職・研究/研修主任の方々が、校内研修で対面実施して欲しいという要請に応えることも想定しています。

※昨年度の9講座の実績を引き継ぎ、10講座程度の新規講座を開設して実施する予定です。(なお、昨年度は無料で実施しましたが、本年度は「収益事業」への転換を図るべく検討中です。)

2021年5月20日木曜日

その他の部門について

 …準備中…

ICT学校実践部門について

【ICT学校実践部門】

「GIGAスクール構想(文部科学省)」によって急遽整備された1人1台体制のタブレット・教室無線LAN、持ち帰りも想定した新しい授業実践等の導入に際して、教育現場はその期待と同時に、混乱もあるかと思います。その現状に対して、各校への支援を推進するために、県内学校を対象に実技研修・講習会・授業提案等をおこなうことを目的とした部門です。また、従来からの懸念事項である「プログラミング教育」「情報モラル教育(ネット依存症対策を含む)」に関しても同様です。

また、教育現場からの要望として多いのは、教員への実技研修(授業実践時のタブレット機器等の操作研修)及び授業中の「ICT支援員」への要望です。しかしながら、現状の「学生ボランティア」では、導入された新しい形態の端末(ChromeBook)やGoogleClassroom等のクラウドシステムへの理解が乏しく、学校への支援は務まらないのが現状です。プログラミングにおいても、学生らは指導経験、各種キット等の使用経験がありません。そのため、学内での事前レクチャーが必要となるため、学内に「ICT・プログラミング支援室」を設けました。この学内の支援室では、そういったタブレット端末やプログラミングキット等の使い方を自主的に学ぶことのできる場として、教育実習やボランティア活動に寄与していく計画です。


小規模校実践部門について

【小規模校実践部門】

和歌山大学教育学部は附属小学校に複式学級を設けたり、全国でも稀な「へき地・複式教育実習」を実施してきた経緯があり、県内特有の課題である小規模校や複式学級指導への対応を進めてきました。教職大学院では、小規模校での実習を必修化したり、小規模校を研究する講義を設けたりもしています。更に、「地域連携を推進する学校」を支援する事業も展開してきました。

当部門では、小規模校ゆえの課題(特定のスキルを持った人材・情報・スタッフ不足等)を踏まえ、小規模校ならではのメリット(柔軟な学校運営、異学年合同授業、地域連携等)を活かす支援をおこないたいと思います。例えば、地域の自然・歴史についての調べ学習への関心を深めたり、児童生徒らの各疑問に答えるために、大学内リソース(専門家からのコメント等)をつなげたりすることなどが想定されます。また、附属小学校複式学級とのオンラインでの交流や、小規模学校同士の交流支援等も想定しています。

2021年2月9日火曜日

第二期 講座ご案内

 

ブレンディッドラーニング第二期PDF(約2MB)

「 ブレンディッド・ラーニング」とは、オンデマンド受講(収録映像の視聴+SNS 等による交流を含む)+オンライン受講+対面指導を組み合わせて実施する受講形態です。

県内の先生方を対象に、教職大学院の講義を体験受講できる機会となります。1講座=90分×5回を基本として、オンライン(リアルタイムでの遠隔講義・演習を1~2回程度)・オンデマンド(個人での映像視聴受講)・学内による対面講義(1~2回程度)を組み合わせて実施します。

● 全校種、全役職(教諭以外に講師や管理職も含む)が受講対象者です。
● 本年度(2020年)は試行期間として無料で受講できます。

各科目の詳細は開設科目のページをご参照ください。
各講座は「オンデマンド・オンライン・対面を合わせて5コマ分」となります。

■ 募集期間:2021年2月8日(月)~ 2月22日(月)まで
■ 実施期間:2021年2月27日(土)~3 月末まで

■ 登録方法(個人でご登録ください)-----------
まずは、以下のアドレスに電子メールを送信してください。
(ご登録いただく電子メールアドレスから送信してください)
 pde-edu(@マーク)ml.wakayama-u.ac.jp
電子メールには以下の情報を記載してください。
 タイトル(題名):履修証明プログラム申し込み
 本文:◯◯学校 (役職名) (氏 名)
※原則、平日であれば即日もしくは2日程度で確認の返信をさせていただきます。その後、受講希望科目等を記入いただきます。
※第一期で受講済みの方は、登録の必要はありません。申し込み講座名を記載してお送りください。

■ 準備いただくもの ーーーーーーーーーー
 インターネットに接続しているウェブカメラのついたパソコンが必要です。iPad等のタブレット端末でも可能ですが、資料の参照等でPCを利用する場面もあります。
※受講者の皆様にはオンライン授業システム(moodle)にログインしていただきます。事前に習熟期間等を設けますので、初めての方でも大丈夫です。

開設科目(第二期)

講師名藤本 典子
講座名新しい生活様式を意識した小学校外国語教育指導力UP 講座
概要30 年近くかけてやっと導入され、「聞く」「話す」を中心に意味のあるやり取りを目指してきた小学校外国語教育。このコロナ禍において指導や評価などにお悩みではないですか? 当講座では、先行して研究推進してきた独自カリキュラムや教材開発の成果と課題を踏まえ、新しい生活様式を意識した小学校外国語教育の実践力向上を目指します。
対象主に小学校教員が対象です
講義
日時
オンデマンド配信(確定)
2月27日(土)〜3月末まで視聴可能
対面講義日(確定)
3月20日(土)14:00~17:00
オンライン講義日
3月20日(土)の対面講義において受講者からのニーズを受けて後日に設定する。

講師名深澤 英雄
講座名歴史授業力UP 講座
概要児童・生徒が「おもしろい」「もっと知りたい」と思える歴史授業がしたいという先生方!「教材研究のコツ」「教科書研究のコツ」「授業構成のコツ」「授業展開のコツ」をテーマに授業改善の手立てを考えます。対面講義では「模擬授業(参勤交代)」を行います。「主体的・対話的で深い学び」が生まれる歴史授業へのカギを見つけませんか。
主な著書:『学習指導要領2020 実現のための「新・教師力20」』(小学館 2018) /監修:ドラえもん社会ワールド なぜ? どうして? 日本の歴史(小学館 2019) 他、学習関連書籍多数を執筆。
対象主に小学校教員ですが中学校社会科教員も歓迎です
講義
日時
オンデマンド配信(確定)
2月27日(土)〜3月末まで視聴可能
対面講義日(確定)
3月20日(土)10:00〜13:00
オンライン講義日
3月14日(日)13:30〜(基本90分・最大2時間程度)※対面前の事前指導として実施。

講師名豊田 充崇
講座名「GIGA スクール」に向けた「情報モラル指導」実践講座
概要「GIGA スクール」において、タブレット一人一台体制・自宅持ち帰りも想定した授業が開始されることになるかと思います。一方で、既に家庭内でのネット・スマホ・SNS 等の利用は進展しており、諸々のトラブル・依存症等の問題が生じていることも確かです。そこで、GIGA スクールの時代に相応しい「情報モラル」の指導における具体的な授業実践について既存教材・独自開発教材を用いながら学んでいただきます。
対象全校種の先生方が対象です
講義
日時
オンデマンド配信(確定)
2月27日(土)〜3月末まで視聴可能
対面講義日(確定)
3月27日(土)13:30〜16:30
オンライン講義日
3月27日(土)の対面講義において受講者からのニーズを受けて後日に設定する。

講師名富田 晃彦
講座名天文授業力UP 講座
概要理科の中でも子どもたちに人気だが指導が難しいと言われる天文分野について扱います。世界の天文教育が取り組んでいる「ひとつ空の下」「淡き青い点= 地球」「よりよき世界のために」というキーワードとそれに関係した教材案を紹介します。科学教育の観点から、まじめに星占いや宇宙人も扱ってみます。
対象小学校教員及び中・高校の理科教員も歓迎です
講義
日時
オンデマンド配信(確定)
3月1日(月)〜3月末まで視聴可能
対面講義日(確定)
3月27日(土)10:00〜12:30
オンライン講義日
3月13日(土)10:00〜(基本90分)

講師名教職大学院 教員各位
講座名【特別講座】教職大学院オンデマンド講義ダイジェスト
概要当講座の第一期で実施した「オンデマンド講義」をダイジェスト版としてお試し受講できます。「道徳授業実践講座」「GIGA スクールにおける情報活用能力の育成」「課題がある子を支援する学級集団づくり」「若手教員への指導力UP-メンタリングとは?」等について、どの講座からでも、1つだけでも自由にチョイスしてお試し受講可能です。基本は、オンデマンド形式のみ(都合のいい時間に視聴する)になりますが、受講者の希望によって、オンライン上での質問対応やオンライン会議での直接会話が可能です。
対象全校種の先生方が対象です
講義
日時
オンデマンド配信(予定)
2月27日(土)〜3月末まで視聴可能

2020年10月22日木曜日

講座ご案内(終了致しました)


 「ブレンディッド・ラーニング」とは、オンデマンド受講(収録映像の視聴+SNS等による交流を含む)+オンタイム受講+対面指導(場合によっては訪問指導)を組み合わせて実施する受講形態です。

県内の先生方を対象に、教職大学院の講義を体験受講できる機会となります。1講座=90分×5回を基本として、オンライン(リアルタイムでの遠隔講義・演習を1〜2回程度)・オンデマンド(個人での映像視聴受講)・学内による対面講義(1〜2回程度)を組み合わせて実施します。

● 全校種、全役職(教諭以外に講師や管理職も含む)が受講対象者です。
● 本年度(2020年)は試行期間として無料で受講できます。

各科目の詳細は開設科目のページをご参照ください。

募集期間:11月9日〜12月4日まで ■ 実施期間:12月〜2021年1月まで

■ 登録方法(個人でご登録ください)-----------
まずは、以下のアドレスに電子メールを送信してください。
(ご登録いただく電子メールアドレスから送信してください)
 pde-edu(@マーク)ml.wakayama-u.ac.jp
電子メールには以下の情報を記載してください。
 タイトル(題名):履修証明プログラム申し込み
 本文:◯◯学校 (役職名) (氏 名)
※原則、平日であれば即日もしくは2日程度で確認の返信をさせていただきます。その後、受講希望科目等を記入いただきます。

■ 準備いただくもの ーーーーーーーーーー
 インターネットに接続しているウェブカメラのついたパソコンが必要です。iPad等のタブレット端末でも可能ですが、資料の参照等でPCを利用する場面もあります。
※受講者の皆様にはオンライン授業システム(Teamsもしくはmoodle)にログインしていただきます。事前に習熟期間等を設けますので、初めての方でも大丈夫です。