2021年5月27日木曜日

【現職教員研修部門】について

【現職教員研修部門】

令和2年度に試行的に実施した「ブレンディッド・ラーニングによる履修証明プログラム」を引き続き実施いたします。

ブレンディッドラーニングとは、オンデマンド・オンライン・対面を組み合わせた講義形式で、時間的拘束を最大限配慮しながら、研修効果を高める手法です。昨年度は、オンデマンド2時限、オンライン1時限、対面2時限の組み合わせを基本として実施し、効果的な研修形態を模索してきました。

本年度は、更にハイフレックス(HyFlex:Hybrid-Flexible)形式+「出前研修」の体制も取り入れて更に講座内容のラインナップを充実させていく予定です。(「オンデマンド」「オンライン」「学内での集合・対面形式(選択性)」に「現地への講師の出張」を加える等)。

また、東牟婁・西牟婁地方等遠方のために「対面形式」での受講が困難な場合、もしくはコロナ対応で研修会等への参加が制限されている場合などは、対面時にオンライン配信を組み合わせて実施します。更に、当日の講座を収録しておき、オンデマンドでも視聴できるようにしておくなども考えられます。

「出前研修」については、研修効果を高めるために、学校を訪問する以前に事前に講義パートは学習しておいていただいている前提で対面ならではの研修部分(ワークショップ部分、実技演習等)を校内で実施するものです。もしくは、ブレンディッド・ラーニングを受講した各校の管理職・研究/研修主任の方々が、校内研修で対面実施して欲しいという要請に応えることも想定しています。

※昨年度の9講座の実績を引き継ぎ、10講座程度の新規講座を開設して実施する予定です。(なお、昨年度は無料で実施しましたが、本年度は「収益事業」への転換を図るべく検討中です。)